日に焼けたくない!

天気の良い日に子どもと遊んでいたら、
ばっちり日焼けしました↓

子どもと公園に通っていると、とにかく日焼けが気になる季節になりました。
足ほどではないですが、うなじも日に焼けてしまっていました。

 

おしゃれよりも、肌を守りたい時もある

子どもと公園に行く時も、できればおしゃれはしたいですが、
思いっきり日に焼けて、ひりひりしたり皮膚がむけてしまうのはつらいですよね。

子どもと一緒だと日傘はさせないし、うなじを守ってくれる帽子はなかなか無い。
どうしたものか・・・と悩んでいたところ、ある友人の顔が浮かびました。

 

パーカー最強説

その友人は、元気な男の子3人の母。
「男子3人を公園に連れていく時は、ユニクロのUVカットパーカーを着ているよ!UVカットパーカーは最強!!」と話していたのをふと思い出したのです。

私もさっそく、ユニクロへ行き、UVカットパーカーを買いました。
色は合わせやすいネイビーをチョイス。

すごーく暑い日は、人目を憚らず、フードを被っちゃうつもりですw

 

ファストファッションは悪なのか

少し話題を変えて・・・、昨年から「エシカルファッション」や「サステナブルファッション」に関心を持って、古着やヴィンテージを試してきました。
しかし、やや値が張るのと、自分の体型や好みに合うものを探すのに時間がかかるのが難点でした。

ファストファッションやその他のアパレルでも、服の製造にかかわっている方々の労働環境は、あまり良いものではないと考えています。
現在の私は、ファストファッションが必ずしも”悪”ということではなく、「すぐに服を捨ててしまう」ようなことを無くしていくことが必要だと感じています。

ただし、大きな企業が社会に与える影響は大きいので、関心を持ち続けていくことは大事ですね。

 

まとめ

今回購入したユニクロのUVカットパーカーも、これから毎夏着るつもり!
UVカットパーカーに肌を守ってもらって、日に焼けることを気にせず、子どもと思いっきり遊びたいと思います。

 

 

 

ステップメール「外見コンプレックスを克服する7つのヒント」
ご登録はこちら

 

「きれいになりたい」をあきらめない!
自分の外見を受け入れて心地よく過ごすためのおしゃれレッスン

 

お問合せ

The following two tabs change content below.

naokoyoshida

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. 少しの工夫でおしゃれに見せるコツ

  2. 似合うメガネがわからない原因を解説!

  3. ヘアスタイルで変わる人、変わらない人

  4. 白の使い方とカラーコーディネート

  5. なじむ色、目立つ色

  6. 誰でもできる!失敗しないお買い物のコツ