色の組み合わせ方がわからない時の考え方

水遊びが最高の季節〜

先日、2歳の娘を連れて二子玉川公園に行きました。
二子玉川公園にはお水遊びができる場所があり、
もちろん2歳児はお水遊びが大好き!!

濡れた服を着替えさせるのが面倒なのでw、
濡れても乾きやすい服を着せて行きましたよ!

 

青系と赤系って合うの?

その日娘に着せた「濡れても乾きやすい服」はこちら。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、
蛍光の水色とピンク!!!

「この色の組み合わせって、子どもならではだよな〜。大人がやったらちょっと個性的かなぁ」などと思っていたのですが、
自分も春先にこの色を組み合わせていたことを思い出しました。

このコーデはたくさんの方に褒めていただいて,
私自身も好きな色の組み合わせでした!

 

一見合わなさそうな色同士でも、ここを気をつければ大丈夫!

青系と赤系を組み合わせるのってちょっと難しそうだな、と思いますよね。
そういう時に気をつけてみてほしいのが、「色の明るさ」です。

娘のコーデと私のコーデの共通点は、
「トップスとボトムスの色の明るさが近い」ということ。
もちろん、そうでなければいけない!というわけではありませんが、
一見合わなさそうな色同士を組み合わせたい時は、明るさに注目すると良いですよ◎

たとえば、こちらのネイビーと赤のコーデも、
色の明るさ(鮮やかさ)が遠くないので違和感なくかっこよく見えます!

(画像はDomaniオンラインよりお借りしました)。

 

まとめ

というわけで、一見合わなさそうな色を組みわせる時は、
色の明るさや鮮やかさに注目してみてくださいね♪

色の組み合わせ方のバリエーションが広がると、ファッションがすごく楽しくなりますよ!

 

「きれいになりたい」をあきらめない!
自分の外見を受け入れて心地よく過ごすためのおしゃれレッスン

 

お問合せ

The following two tabs change content below.

naokoyoshida

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. 結婚式前にしておきたいこと~ウェディングドレスの選び方

  2. なじむ色、目立つ色

  3. 少しの工夫でおしゃれに見せるコツ

  4. 論理的におしゃれになる方法

  5. 白の使い方とカラーコーディネート

  6. ファンデーション要らずの肌になりたい!