心の声に注目する方法~セルフトーク

昨日の記事で、「自分の気持ちや考えを、世間の雰囲気や意見と混同していませんか?」ということを書きました。
「私、自分の気持ちがよくわかってないかも?」という方は、
自分が心の中で言っていることに注目してみるといいかもしれません。

 

セルフトークを活用しよう

「セルフトーク」をご存知ですか?
セルフトークとは、心の中で自分自身に語りかける言葉。

たとえば、「早く〇〇しなきゃ」「次は△△をしよう」など、
簡単に言うと、外には出さない独り言のことです。

大人になると、この「外には出さない独り言」が多くなりますよね。
自分の気持ちや感情がよくわからなくなってしまう方は、
その「外には出さない独り言」が、本当に自分の気持ちなのか、自分の欲求なのか、
考えて(感じて)みると良いと思います。
私も練習中です!!

 

マイナスのセルフトークをしていたら

私は、「今日は〇〇をする時間が無かったな~」と、「今日やりきれなかったこと」を悔やむセルフトークをしていることがあります。
そういったマイナスのセルフトークばかりしていると、「私は計画したことをやりきれないんだ」と、自分を責めることにつながってしまいがち。
もし、自分がマイナスのセルフトークをしていることに気が付いたら、それをプラスにするように心がけてみましょうね。

たとえば、「今日は〇〇をする時間が無かったな」を「〇〇をできなかったということは、△△を丁寧にできたということ!」とプラスのセルフトークに言い換えていきたいです。
小さな心がけですが、こういったプラスの言葉が、自分を受け入れメンタルを保つことに繋がると考えています。

 

まとめ

日本には「謙虚」の文化があるので、自分を褒めるのが苦手な方が多いですよね。
しかし、「自分を責めすぎること」「自分を卑下しすぎること」は、時に自分のメンタルを消耗し、自分の可能性を潰してしまうことがあると思います。

自分を責めるセルフトークをしていることに気が付いたら、プラスの言葉に言い換えて、自分を褒めることもしていきましょうね!

外見に関しても、
「今日の私はおしゃれができていない」などと自分を責めるのはやめて、
「今日はばっちりのおしゃれはしていないけれど、子どもとたくさん遊んだから良し!」などと、
いろんな角度から自分を褒めていきましょう!

 

 

 

「きれいになりたい」をあきらめない!
自分の外見を受け入れて心地よく過ごすためのおしゃれレッスン

 

お問合せ

The following two tabs change content below.

naokoyoshida

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. 人に褒められることより、自分がやりたいことをやる

  2. 診断だけでは、おしゃれになれない?

  3. ”美人”について考える時のおすすめ本

  4. 何のためにおしゃれをしますか?

  5. 自分の”キレイ”を磨くコツ~肌の声を聴く、朝の洗顔

  6. きれいになりたい!おしゃれになりたい!をあきらめない