内面にマッチしたファッションとは?

先日、「そのままのあなたで大丈夫!”ちょうどいいおしゃれ”を楽しむためのお話し会」というのを開催しました。

お話し会の詳細はこちらです↓

今日は、その時に話題になったことを記事にしますね!

 

おしゃれだな、素敵だな、と思う人ってどんな人?

お話し会の中で、「あの人おしゃれだな~、素敵だな、きれいだな」と感じるのはどんな人か?
という話題になりました。

参加者の方がおっしゃっていたのが、
「自分の内面を理解していて、それにマッチしたファッションをしている人が素敵!」ということ。
なるほど~!

ちょっと言い換えると、「自分に無理をしていないファッション」とも表現できるかと思います。


イメージとしては、石田ゆり子さんとかかな?
(ファッションがナチュラルだから無理をしてない、とは言い切れないですが・・・。派手なファッションのほうが自分の内面にマッチしていて、ナチュラルなファッションはしんどい!という方ももちろんいらっしゃるはず。)

 

おしゃれは「無理するもの」ではない

昨今、「ママでもおしゃれでいよう」とか「年を重ねてもきれいでいよう」というような風潮がありますよね。
それはそれでもちろん素敵なのですが、その風潮に自分を合わせすぎると辛くなると思うのです。

世の中の雰囲気に振り回されずに、「自分がこんなふうにありたいな」という姿を模索することも重要ですね。

個人的には、「心身ともに健康でいたい」というのが自分のありたい姿。
その「ありたい姿」からイメージするのは、適度にシェイプアップされた身体に、
血色の良い肌色。

(photo by unsplash jonathan-borba)

そして、シェイプアップされた身体と血色の良い肌色をいかす、シンプルなファッションが良いのかな。。。と妄想します。
(今はまったくシェイプアップされていないので、まずはそこからw)

でも、たまにははっちゃけたファッションもしてみたい。
「毒のある自分」も楽しみたいw

このように「なりたい自分(私の場合、心身ともに健康でいたい!)」からイメージしていくと、
「ファッションが苦手」「ファッションにあまり興味がない」という方も、
「自分がしてみたいファッション」が明確になるかもしれません。

ぜひ、お試しを~

 

「きれいになりたい」をあきらめない!
自分の外見を受け入れて心地よく過ごすためのおしゃれレッスン

 

お問合せ

The following two tabs change content below.

naokoyoshida

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. 心も体も、みんな、美しく生まれてきてる

  2. 自尊心って何?

  3. おしゃれってくだらない?

  4. 自分の外見にコンプレックスがある人へ

  5. 子どもに健やかなメンタルをプレゼントする方法〜私の場合

  6. 育児にも通じる「中核」の話