新しい視点でパーソナルカラーをもう一度楽しもう

パーソナルカラー診断は、1980年代にアメリカから伝わった、似合う色を見つける診断のこと。
ファッション誌で「パーソナルカラー」というワードをよく見かけるようになって、
10年ほど経つでしょうか。

パーソナルカラーは、一般的に「Spring」「Summer」「Autumn」「Winter」と、季節で表現されますが、
先日、雑誌で面白い表現を見つけたのでご紹介しますね♪

 

パーソナルカラーをもう一度楽しむ

「パーソナルカラー」という言葉が出回って久しいので、正直、「なんだか飽きた」と感じている方も多いかもしれません。
先日、「HONEY」というビーチライフスタイル・マガジンを読んだところ、
パーソナルカラーの「Spring」「Summer」「Autumn」「Winter」が別の表現で置き換えられていました。


(発売中の雑誌なのでぼかしてます)

発売中の雑誌なので詳しくは書けないですが、Springは”Sun”と表現されていて、Springの私はすごく心が躍ったんです!

”Sun”という表現の通り、見るだけで元気が出るような色たち。
鮮やかな色をたくさん取り入れるのは難しいですが、メイクや小物で楽しく色を取り入れたいな♪と思わせてくれる特集でした。

 

色が与える、心理効果

各々の色には、さまざまな心理効果があると言われています。
たとえば、私が好きな緑は、「安らぎ、癒し、穏やか」といった印象があり、リラックス効果を与えます。
自分にたいして、色を使ってどんな影響を与えたいか?(自分に与える色としては、ネイルがおすすめ)
(photo by unsplash プライオニー・エレナ)
そして、自分の周りにいてくれる家族や友人に、色を通してどんな気持ちになってほしいか?
そんな視点で色選びをするのもいいですね。

この春、ぜひ、「自分に似合う色」「自分が好きな色」を見つけてみてくださいね!

 

 

センスは磨ける!自信を持っておしゃれして、前向きに過ごそう。

 

お問合せ

The following two tabs change content below.

naokoyoshida

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. おしゃれに決まるバッグと靴の選び方

  2. 簡単に”おしゃれさん”に見せる方法

  3. お手軽にファッションセンスを磨く方法

  4. 服のサイズは決まっていますか

  5. 【実験】子連れの時も、おしゃれをしてみた!

  6. ”似合う服”を探すコツ