20代の頃に似合っていた色、今も似合っていますか??

「赤が似合うね!」と人から言われたり、
「私は青が似合う」と感じたり、
「自分が似合う色」をなんとなくわかっている方は多いかと思います。

 

若い頃、何色が似合っていましたか?

先日、物販やファッションに関する診断を行うイベントに参加してきました。
私はパーソナルカラー診断や骨格診断、顔タイプ診断をさせていただきましたよ♪

(写真前列右の、イエローのパンツを履いているのが私です)。

そのイベントの際にパーソナルカラーを受けてくださった方は、
「昔も受けたことがあって、その時はスプリングとオータムが似合うって言われたの」とおっしゃっていました。

パーソナルカラーでいうスプリングとは、
春のお花畑のような色味。
イエローベースと呼ばれる暖かみのある色です。

オータムも同じくイエローベースの色ですが、
スプリングよりも落ち着いた色で、
スモーキーな色味であることが特徴です。
柿や栗、紅葉のような、
「日本の秋」を連想させる色が多いです。

こちらのお客様は「昔はスプリングとオータムが似合っていた」ということなので、
イエローベースであれば幅広くいろんな色が似合っていたということになります。

 

年数が経つとどうなる?

こちらのお客様を診断させていただいたところ、
同じイエローベースでもスプリングのような鮮やかだったり淡かったりする色より、
オータムのような落ち着いていて少しスモーキーのような色のほうがお似合いでした。
昔受けた時と似合う色の傾向が若干変わっていたということになります。

私自身、妊娠前にパーソナルカラー診断を受け、その結果は「スプリング」。
特に明るい色が似合うとのことでした。

しかし、子どもと外で遊ぶ機会が増えて日焼けしたせいか、
最近は明るい色より鮮やかな色のほうが似合うようになりました。
(スプリングというのは変わりません)。

(今の私に似合う色です)。

 

若い頃似合っていた色が似合わなくなった?

「若い頃に似合っていた色が似合わなくなった気がする」ということをよく耳にします。
肌質が若干変わったり、出産や子育てを経て肌の色が変わったりすると、
似合う色も変わりやすいです。

そのため、以前パーソナルカラー診断を受けたことがある!という方も、
その結果に違和感を覚えたら、もう一度受けてみるといいかもしれませんよ♪

 

パーソナルカラー診断などのファッション診断をお得に受けられるコースはこちらです➡https://salonrapa-j.com/course/group/

 

 

お問合せ

The following two tabs change content below.

naokoyoshida

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. シンプルな服をおしゃれに見せるコツ

  2. 外見コンプレックスを持っている方へ~自分と向き合うこと

  3. 似合う服の選び方

  4. 少しの工夫でおしゃれに見せるコツ

  5. 1日5分から始める!”私の好きなファッション”探し

  6. 自分の顔を客観的に見るコツ