似合うメガネがわからない原因を解説!

「今日のコーディネート、何か物足りない!」と感じた時、
「いつもと雰囲気を変えたい」と思った時、
役に立つのが、メガネ。

私は、お客様にファッションに関するアドバイスをさせていただいていますが、
お客様がよくおっしゃるのが、
「似合うメガネがわからないんです」もしくは、「似合うメガネが無いんです」ということ。

「似合うメガネのポイント」はインターネット上でたくさん解説されています。
それで解決すれば良いですが、その解説がどうもしっくり来ない、という経験はありませんか?

この記事では、似合うメガネがわからない原因を解説していきます!

 

1.メガネの細部を見ていない

よく、丸顔の人は丸いメガネ(もしくは四角いメガネ)が似合う、とか、
面長の人は縦幅が大きいメガネ(もしくは縦幅が小さいメガネ)が似合う、などと解説されていますよね。
それぞれ、とても大事なポイントだと思います。

しかし!!
同じ「丸いメガネ」でも、他の特徴が違うだけで、だいぶイメージが変わるのをご存知ですか?

たとえば、私が持っている丸いメガネ3つ。

一番左は、大きめの丸でフレームが金属でできています。
真ん中は、ブラウンのセルフレーム。”ヨロイ”と呼ばれる部分があるのが特徴です。
一番右は、ブラックのセルフレーム。レンズは丸ですが、眉毛に近い部分がまっすぐなのが特徴です。

丸は丸でも、どんな丸が似合うのか?
フレームはどんな素材が良いのか?
”ヨロイ”があったほうが良いのか、無いほうが良いのか?
真ん丸が良いのか、少し直線的な要素がある丸が良いのか?

メガネの細かい要素を変えて、試してみると良いですよ◎

 

2.なりたいイメージを描けていない

私は、お客様から「メガネを一緒に選んでください」とご依頼いただいた際、
メガネをかけたい理由はなぜですか?
メガネをかけることでどんなイメージに見せたいですか?
どんな場面でかけたいですか?
と伺うようにしています。

「オフィスでかけるのでキリッとできるイメージにしたい」という時のメガネと、
「休日にラフな雰囲気を出したい」という時のメガネは、
形やデザインなどがまったく違ってきます。

一般的に、縦幅が小さい四角のフレームのメガネはビジネスイメージですし、
セル素材の太いフレームのものは、カジュアルな雰囲気になります。

まずは、「どんな時にどんな雰囲気を作り出すためのメガネなのか?」をしっかりイメージしてみましょう!

 

3.メガネ姿を見慣れていない

意外と多いのがこれ。
客観的に見るととても似合っているのに、「何だか変な気がする。。。」とご本人が感じてしまうのは、
単純にメガネ姿を見慣れていないから!!ということがあります。

たくさんメガネをかけてみて、「おしゃれな自分」を見慣れてください!!

 

 

似合うメガネを一緒に選んでほしい!という方は、ぜひお問い合わせくださいませ!

お問合せ

The following two tabs change content below.

naokoyoshida

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. 今さらながら、部屋着を考える

  2. ファッションセンスの磨き方

  3. 似合う色は変わらない??

  4. メイクがマンネリの方におすすめ!マスカラの色を変えてみよう♪…

  5. お手軽にファッションセンスを磨く方法

  6. なじむ色、目立つ色