雨の日も元気を出す方法!

気分は天気に左右される

雨の日が続くと、なんだか気分が上がらない…という方はいらっしゃいますか?

主に低気圧の時に頭痛やめまい、
耳鳴りや激しい眠気やだるさがある「気象病」という病気が認知されつつありますね。

気象病は、漢方やマッサージなど、対処方法がいろいろあるようです。

 

薬を飲むほどではないんだけど

気象病とは違って、「体に何か不調があるわけではないけど、雨が降るとちょっと憂鬱」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

そういう時は、“色”に元気をもらうのもおすすめですよ♪

 

元気が出る色は?

「活力、やる気」という効果を与えるのが赤と言われています。
納得ですよね。
赤を見て気分が落ち込む、という方はあまりいなさそう。

色の刺激は脳のさまざまな場所に刺激を与えます。
本能的な欲求や自律神経、感情やホルモンバランスなどの調整を行っている場所に刺激を与えるので、
結果として色が心や体に影響を与えることになるそうです。

色で気分が変わるのは気のせいではないのですね〜。

 

朱赤のパンツを買ってみた!

私は雨でも心身の不調はないのですが、
それでもやっぱり、「元気が出る色」を着たい!!

そう思って購入したのがこちら!

朱赤のパンツです♪

うん!元気がでそう!!
しかもタックがあるのでぽっこりお腹が目立たないのも◎

ぜひみなさんも、好きな色、似合う色、気分が上がる色を取り入れて、
梅雨を乗り切ってくださいね♪

 

 

「きれいになりたい」をあきらめない!
自分の外見を受け入れて心地よく過ごすためのおしゃれレッスン

 

お問合せ

The following two tabs change content below.

naokoyoshida

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. これは使える!!私のお気に入りバッグ4選

  2. ファッションセンスの磨き方

  3. 簡単に”おしゃれさん”に見せる方法

  4. 診断を受けたのに、おしゃれになれない原因は?

  5. ファッションが地味になってしまう原因と対策

  6. 服のサイズは決まっていますか