自信が無かった私の思考~ブスはブスなりに無難な服装をしていよう

ずっとずっと、外見に自信が無かった私。
「ブスな私がおしゃれしたら気持ち悪いに違いない」と考えていたので、
いつも無難な服装をしていました。

 

おしゃれのセンス無し!!

無難な服装、地味な服装を心がけてきたのでw、
たまに「おしゃれしよう!!」と思っても、おしゃれには仕上がらず、
「やっぱり私はブスだしセンスも無いからだめだ。。。」と落ち込んできました。

ある時は、「流行りのアイテムを取り入れていればおしゃれ」だと思っていたので、
自分に似合っていなくても、とにかく「流行り」を取り入れました。
が、やはり似合わない。

(photo by unsplash amanda vick)

 

似合わないのか、かわいくないのか

おしゃれが苦手な頃の私は、「この服、私には変だな」と感じると、
「やっぱり私はブスでスタイルも悪いから私には変なんだ」と思っていたのです。
だって、「ファッション誌に出てくるようなモデルさんは、どんな服も着こなしているじゃないか!!」と。

ですが、おしゃれの理論を学んでわかったことがあります。

あの服が「変」だったのは、「私がかわいくないから」ではなく、
「私に似合う服を選んでいなったから」だということ。

 

おしゃれが苦手なら、一度基礎を学んでみよう

ものすごくおしゃれになりたいわけではないけれど、「ちょっとしたおしゃれのコツをつかんでみたい」という方は、
一度、パーソナルカラー診断や骨格診断、顔タイプ診断などの診断を受けてみることをおすすめします。

きっと、何かきっかけが掴めるはずですよ♪

 

「きれいになりたい」をあきらめない!
自分の外見を受け入れて心地よく過ごすためのおしゃれレッスン

 

お問合せ

The following two tabs change content below.

naokoyoshida

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. ストレスや困難を感じた時に思い出してほしいこと

  2. 人間の価値はどこにあるか?

  3. おしゃれコンプレックスを作った出来事~人間、外見より内面よ

  4. 育児にも通じる「中核」の話

  5. 自分の”キレイ”を磨くコツ~肌の声を聴く、朝の洗顔

  6. きれいになりたい!おしゃれになりたい!をあきらめない