ぽっこりお腹をすっきり見せてくれるトップス

ご訪問いただきありがとうございます!
”じぶんの想い”を投影するスタイリングサポート
KURASHI KAROYAKA 吉田直子です。

KURASHI KAROYAKAがご提供するメニューご興味のある方は、
お気軽にお問合せくださいませ!
お問合せ

お申し込みはこちらからお願いいたします。
お申し込み

 

私、ここが太ってる~!

「私、ここが太いのよね。。。」と気になる場所は人それぞれ。
顔が太りやすい、肩に肉が付く、二の腕が太い、
胸が大きくて太って見える、お腹が出ている、お尻が大きい、
太ももが張っている、ふくらはぎが太い・・・、
などなど。
今まで、お客様からさまざまなお悩みを聞いてきました。

(photo by unsplash)

 

私の話で恐縮です

自分の話で恐縮なのですが、私はお腹がぽっこりしているのが悩みです。
最近では、「ぽっこり」なんていうかわいい表現ではおさまらず、
「でっぷり」してきています。

そのため、ワンピースやつなぎでお腹周りをカバーする日々・・・。

でも、たまには「トップス+ボトムス」というコーディネートもしたい!
そこで、「ぽっこり(でっぷり)お腹」が目立たないトップスについて考えてみました。

 

トップスを着比べてみました

先週の記事に載せた、このトップス。
お腹がすっきり見える気がするんです。

こちらのトップスも”痩せて見える”といわれる「収縮色(暗めの色)」ですが、
ちょっと太って見えませんか?

2枚の写真を並べてみました。

左のトップスは、ややAラインかつ短め丈。
右のトップスは、ボックス型(そんな用語は無いかもしれないが)で、
横幅がしっかりあり、丈も長め。
(着痩せどうこうより、スタイルが悪い・・・!)

 

考察

Aラインのトップスは、(私の身体の細い部分である)胸付近の横幅が、
ずーっと下まで続いているように見えます。
対して、ボックス型のトップスは、(私の身体の太い部分である)お腹付近の横幅が、
ずーっと下まで続いているように見えます。
つまり、Aラインのトップスは瘦せて見える!

「太ってる」ということが気になると、ゆったりとした服を着がちですよね。
しかし、上の2枚のトップスでいうと、
ボックス型のトップスのほうがゆったりしているけど太って見えて、
Aラインのトップスのほうが痩せて見えます。
また、丈は長すぎず短すぎず、ジャストがベスト!

「今まで、太っているのを隠すのにゆったりした服ばかり着ていた!」
「私はどんなトップス(服)を着たら着やせするの?」
と気になる方は、
【メール&zoom】骨格診断を受けてみてくださいね。
あなたの着痩せポイント、お伝えします!

 

*****
”じぶんの想い”を投影するスタイリングサポート
KURASHI KAROYAKA 吉田直子
*****

【東京・自由が丘】
パーソナルカラー診断・骨格診断・顔タイプ診断
(ご自宅への出張も承ります。詳しくはこちらをご覧ください)。

【東京・二子玉川】
お買い物同行

【お客様ご自宅】
クローゼットのお片づけ

【オンライン】
オンラインショッピング同行
骨格診断
顔タイプ診断

自由が丘以外でもパーソナルカラー診断・骨格診断・顔タイプ診断を承ることができます。
(過去の実績:池尻、三軒茶屋、下高井戸、下北沢、大田区大森、大田区池上、吉祥寺、高田馬場、秋葉原、神奈川県川崎市、神奈川県相模原市、埼玉県所沢市、埼玉県三郷市などで診断させていただきました)。
ご自宅への出張も承ります!
詳しくはこちらをご覧ください。

自治体、企業様へのイベント出張(パーソナルカラー診断・骨格診断・顔タイプ診断)、
結婚式場にてパーソナルカラー診断・骨格診断・顔タイプ診断に基づくウェディングドレス選びのアドバイスも承ります。
遠方への出張も可能です。

KURASHI KAROYAKAがご提供するメニューご興味のある方は、
お気軽にお問い合わせくださいませ!
お問合せ

お申し込みはこちらからお願いいたします。
お申し込み

The following two tabs change content below.

吉田 直子

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. 夏のコーデにマンネリを感じた時の対策!

  2. 雨の日も元気を出す方法!

  3. 洋服のお買い物で失敗しないためには? 3つの下準備をしておこ…

  4. 骨格ウェーブさんがオーバーサイズの服を着たい時はどうしたら良…

  5. ヘアスタイル迷子になる原因と対策

  6. 白の使い方とカラーコーディネート