診断だけでは、おしゃれになれない?

パーソナルカラー診断を受けて、「似合う色」を知った私。
似合う色がわかったから、すぐに自分の外見を受け入れ好きになり、おしゃれになれたか?というと、そうではありませんでした。

 

おしゃれのセンスはどう磨く!?

「似合う色」を教えていただいた私。
それでも、すぐにおしゃれに自信がついたか?というと、そうではありませんでした。
長年おしゃれを避けてきたので、センスが磨かれていなかったんですね。

そして、「私はおしゃれのセンスが無い!」と思っている方にお伝えしたいのは、
「センスは磨くもの」ということ。
おしゃれのセンスが良い人は、「おしゃれについて」考えている時間が長いのです。

(photo by unsplash ハンナ)
私自身、失敗をしつつも「自分に似合う服やヘアスタイル、メイク」を考える時間が増えてから、
「あら、私センスアップしたかも!」と感じるようになりました。

 

絶世の美女にはなれないけれど

また、「私ってブスだから、、」と思っている方にお伝えしたいのは、
「自分がなれる一番のきれい」を目指してみてほしい、ということ。

私たちは一般人ですから、女優さんやモデルさんのような姿にはなれないかもしれません。
しかし、「私なんてどうせこんなもん」と諦めるのではなく、「私の顔もなかなかいいな~!自分がなれる一番のきれいを目指そう」と捉え直してみてほしいと思っています。

 

「きれいになりたい」をあきらめない!
自分の外見を受け入れて心地よく過ごすためのおしゃれレッスン

 

お問合せ

The following two tabs change content below.

吉田 直子

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. 何のためにおしゃれをしますか?

  2. 人間の価値はどこにあるか?

  3. 自分の外見と向き合う~変えられないものは受け入れよう!

  4. 人に褒められることより、自分がやりたいことをやる

  5. 自由だと人は迷うもの~ファッションの”好き”を考える

  6. 何色だっていいじゃない