似合う色を知るメリットとは?

先日、プロのカメラマンさんに、
ドレープ(色布)を胸元に当てたところを写真に撮っていただきました。
「似合う色を身につけたほうがいいのはわかるけど、そんなに変わらないよね?!」とお思いの方、
いらっしゃいませんか?
いやいや、それが変わるんです。

 

暗い色と明るい色を比べてみた!

さっそくですが、こちらの写真をご覧ください。

向かって左側が暗めのオレンジ。レンガのような色です。
向かって右側が明るめの鮮やかなオレンジ。かなり派手な色です。

私の顔色が左右で違うことを感じていただけますか?
左側の方が顔色が暗く、右側の方が明るいですよね。

私には、右側の明るいオレンジのほうが似合います!

 

メイクにも活かせます

また、似合う色を知るとメイクの色選びにも活かせますよ!

私は、イエローベースと呼ばれる暖かみのある色が得意です。
逆に、ブルーベースと呼ばれるクールな色は苦手。

苦手なブルーベースの色味でメイクするとこんな感じ。
少し不自然で、顔色が悪く見えますね。

得意のイエローベースの色味でメイクするとこんな感じです。こちらのほうが自然に馴染んでいますよね!

 

似合う色を知ろう

イエローベースの色が似合うか、ブルーベースの色が似合うか。
明るい色が似合うか、暗い色が似合うか。
それによって、選ぶ服の色、メイクの色が変わってきます。

似合う色をがわかると服を厳選することができるので、
「クローゼットがいっぱいで困っている!」という方にも、
似合う色を知ることはおすすめ。

似合う色は、「パーソナルカラー診断」を受けるとわかります。
ご興味のある方はぜひお問い合わせくださいね♪

 

「きれいになりたい」をあきらめない!自分の外見を受け入れて心地よく過ごすためのおしゃれレッスン

お問合せ

The following two tabs change content below.

naokoyoshida

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. 自分の顔のコンプレックスと向き合うコツ

  2. マスクでも老けて見えないコツを解説!

  3. 似合う服の選び方

  4. 骨格ウェーブさんがスタイルアップする方法

  5. 似合うメガネがわからない原因を解説!

  6. 【実験】子連れの時も、おしゃれをしてみた!