おしゃれってくだらない?

ご訪問いただきありがとうございます!
KURASHI KAROYAKA 吉田直子です。

【東京・自由が丘】
パーソナルカラー診断・骨格診断・顔タイプ診断
(ご自宅への出張も承ります。詳しくはこちらをご覧ください)。

【東京・二子玉川】
お買い物同行

【お客様ご自宅】
クローゼットのお片づけ

【オンライン】
オンラインショッピング同行
骨格診断
顔タイプ診断

自由が丘以外でもパーソナルカラー診断・骨格診断・顔タイプ診断を承ることができます。
(過去の実績:池尻、三軒茶屋、下北沢、吉祥寺、高田馬場、秋葉原、埼玉県所沢市、埼玉県三郷市などで診断させていただきました)。
ご自宅への出張も承ります!

詳しくはこちらをご覧ください。
*****

おしゃれってくだらない?

突然ですが、みなさん、
「おしゃれをすること」
「外見を磨くこと」
「ファッションに興味を持つこと」
にどのような印象をお持ちですか?

子どもの頃の私は、
ちょっと言葉は悪いですが、「おしゃれ=くだらない」と頭のどこかで思っていました。

外見を磨くなんて、二の次、三の次。
外見を磨く暇があったら、中身を磨くことに時間を使わないと!
そんなふうに考えていたのです。

今となってはファッションのアドバイスをさせていただいている私。
お客様にお会いした時は、
「どんなファッションが好きですか?」
「どんなファッションをしてみたいですか?」
と伺います。
その時、具体的なファッションを教えてくださる方もいらっしゃいますが、
意外と多いのが、
「変な格好でなければ良い」というご回答。

また、おしゃれをすることに対して、
「おしゃれをするなんて別世界のような話」
「おしゃれって特別な人がするもの」
というイメージをお持ちの方もいらっしゃるようです。

『ひとはなぜ服を着るのか』

年末年始に『文学界』という雑誌を読んだのですが、
その中に、島本理生さんと山崎ナオコーラさんの対談が掲載されていました。
対談のテーマは、”誰のために服を着るのか”。

衣服について考えるうえでお二人が影響を受けたのが、
鷲田清一さんの『ひとはなぜ服を着るのか』という本だそう。
『ひとはなぜ服を着るのか』の冒頭は、
「それなしでは生きていけないものを、心のどこかで見下しながら生きるというのは不健康です」という一文。

過去に「ファッションってくだらない」と思っていた私は、ドキッとさせられました。

人間の生活に欠かせない衣食住。
食べるものや生活空間には気を遣うけれど、
「着るもの」や「ファッション」はないがしろになっているという方、意外と多いのでは?
(過去の自分も含めて・・・)

ファッションは、誰の目を意識するべきか

私は、ファッションのアドバイスをする時、
「人にどう見られるか」より、「自分がどんな服を着たいか」を優先してくださいね!とお伝えしてきました。

しかし最近、ファッションや外見について再考して思い付いたことがあります。
それは、「ファッションは、人にどのような印象を持たれるかも大事」ということ。

たとえば、ふんわりとしたファッションをしていたら、
「この人はきっと内面も柔らかい人なんだろうな」と思われますよね、おそらく。

柔らかく見られたい!と思って「ふんわりとしたファッション」をして、
その”柔らかい雰囲気のあなた”に惹かれて仲良くしてくれる方は、
きっとあなたの心強いパートナーになってくれるはず(異性同性問わず!)。

だから、「人にどう見られたいか」もやっぱり大事!

(photo by unsplash gemma-chua)

 

ファッションに自分の想いも反映させる

「人にどう見られたいか」と同時に、
ファッションには自分の想いを反映させることも大事だな、と思います。

みんな、さまざまな理想や想いがありますよね。
私でいうと、「身軽で気楽な日々を送りたい」という理想があります。
その理想を忘れないために、
「身軽で気楽」を表現するファッションができたらいいな、と思っています。
いわば、「自分の心を支えるファッション」。

そのためには、自分の理想や想いをしっかりと感じ取る必要がありますよね。
忙しいなかでも自分の気持ちと向き合う時間をとって、
自分の気持ちを感じ取っていきたいですね。
そして、それをぜひファッションにも反映させていきましょう!

*****
最後までお読みいただきありがとうございました♪

KURASHI KAROYAKAがご提供するメニューご興味のある方は、
お気軽にお問い合わせくださいませ!
お問合せ

お申し込みはこちらからお願いいたします。
お申し込み

The following two tabs change content below.

吉田 直子

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. どんなファッションが好きかわからない!という方におすすめのT…

  2. 子どもに健やかなメンタルをプレゼントする方法〜私の場合

  3. 「美人になりたい!」と思ったら

  4. 心の傷を癒していこう

  5. インナーサステナビリティを考える

  6. 人間の価値はどこにあるか?