子どもがなかなか着替えてくれない時の解決法

小さな子どもを育てていると、時間に追われることが多いですよね。
特に、保育園や幼稚園に行く前、
「早くご飯食べて!」「早く着替えて~!」とお子さんに声をかけている親御さんは多いのでは?
私もその一人。
「早くして!」と言っているのになかなか急いでくれないと朝からイライラ。

しかし先日、「子どもが着替えてくれない時はこうすればいいんだ!」と思いついたことがあったのでご紹介します。

 

子どもは、ママやパパが好き

子育てをしていて思うことですが、どんなに厳しく𠮟ろうが、
子どもってパパやママが好きですよね!?

そして、小さな子どもは、「パパやママと同じことをする」のが大好きなように思います。
パパやママが好きだから、口真似をしたり仕草を真似たりするのではないかな~と私は考えています。

(photo by unsplash mathilde-langevin)

 

あ、同じ服!

先日、偶然にも、
出かける直前に娘が着たワンピースと私が着たワンピースが似た色だった時がありました。
私が、「あ、似てる色だな~」と思うのと同時に娘もそれに気づいたようで、「お母さんと同じ!!」と言いました。
と~~~ってもうれしそうに!!

(ちょっと暑かった日に近所へ買い物に行く時の服。だいぶ楽な(適当な)格好です・・・。
私がロングシャツをたすき掛けしていたら、「お母さんそれスーパーヒーロー?」と言って、
私もやる!と細かいところまで真似してくれました)。

それに気づいて以来、娘がなかなか着替えてくれない時は、
娘が着ようとしている服となるべく似ている服を私も着るようにしています。
「ほら、お母さんも同じ服だよ!」と言うと(正確には同じ服ではなく似ているだけですが)、
にんまりしてそそくさと着替えてくれます。

 

リンクコーデって素敵

かわいい我が子と似ている服を着るって、すごくわくわく♪うれしい気分になります。
「子どもが中高生になっても、一緒におしゃれを楽しみたい!」
そんなふうに思っている方は、お子さんが小さいうちから一緒におしゃれを楽しむと良いかもしれません。

 

できることなら、「似合う服、好きなファッション」をお子さんと楽しみたいですよね。
以下のコースでは、お似合いになる色やお似合いになる服の形や素材をアドバイスさせていただくことができます。
ご興味のある方は、ぜひこちら↓をご覧ください!
【グループ診断】パーソナルカラー診断&骨格診断

 

お問合せ

The following two tabs change content below.

吉田 直子

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. 「思い込み」を外す、香りのセッション

  2. 1日10分から!子育てママも、やりたいことをやってみよう♪

  3. 外の世界も、自分の内面が反映している

  4. 子どもと言葉でコミュニケーションを取りたいママ/パパへ

  5. アイデアが浮かばない時の対策

  6. やりたいこと、やってみよう!~センスを磨くこと