きれいになりたい!おしゃれになりたい!をあきらめない

昨日の記事で、過去の私が「おしゃれはくだらない」と思っていたことを書きました。

でも、本音ではおしゃれになりたかった。
しかし、長年“おしゃれすること”を避けてきたので、
おしゃれのセンスは皆無でした。

 

似合う服が分からない

社会人になり、お給料をいただけるようになった私は、
「よし!おしゃれしよう!」と、たくさんの服を買いました。

流行の服、店員さんに勧められた服、自分が好きな服。。。
ほんとうに、どれだけお金をかけたのだろう、、、

でも、服の数は増えても「これ、私に似合ってる!」という服にはなかなか出会えませんでした。

そして、「なんか似合ってないかも。変かも。。」と感じても、
なぜ似合ってないのか、変なのか、その理由がまったくわかっていませんでした。
「やっぱり私はブスだしスタイルも良くないから、似合う服が無いんだ」と結論付けていたのです。

 

”似合う”にはコツがある

お買い物で失敗ばかり繰り返していた頃、ふとしたきっかけで知った「パーソナルカラー」。
パーソナルカラーとは、生まれ持った瞳の色や肌の色、髪の色になじみ、その人の魅力を引き立ててくれる色のこと。

私はブスだしおしゃれのセンスは無いけれど、「似合う色」がわかれば、もしかしたらちょっとはきれいになれるかも。。
そして、似合う服を選べるようになるかもしれない!!

そんな淡い期待を抱いて、パーソナルカラーを診断してもらいました。
でも、その結果はかなり意外なもので、衝撃的だったのを覚えています。

おしゃれが苦手という方は、
「なんで似合うのか、なんで似合わないのか」、
その理由をあまり考えたことがないかもしれません。

「この服、いいな」「この服はいまいち」。
そう感じた時は、自分に似合うポイントに気づくチャンス!!
ぜひ、ご自身の姿をじっくり観察し、過去の経験とも照らし合わせて分析してみてくださいね!

 

 

「きれいになりたい」をあきらめない!
自分の外見を受け入れて心地よく過ごすためのおしゃれレッスン

 

お問合せ

The following two tabs change content below.

吉田 直子

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. ココロにも影響する?!冷え対策

  2. 何色だっていいじゃない

  3. 外見コンプレックスを作った出来事は?~化粧をすれば、見られる…

  4. 顔が老ける原因と対策

  5. ”美人”について考える時のおすすめ本

  6. 自分の”キレイ”を磨くコツ~肌の声を聴く、朝の洗顔