試着室でのNG行動~似合う服&使える服を選べる試着の仕方

都内にてパーソナルカラー診断・骨格診断・顔タイプ診断、クローゼットのお片づけ、
オンラインショッピングアドバイス、二子玉川にてお買い物同行をしています、
吉田直子です。
(骨格診断と顔タイプ診断、オンラインショッピングアドバイスはzoomでも行っています)。
*****

産後じわじわと太ってしまった私。
先月から少しずつ筋トレやストレッチをしていますが、
まだ昔のように細くなる気配はありません・・・。

photo by i-yunmai unsplash

数年前から履いていたデニムも、とにかくきつくてお腹ポッコリが気になります。
そのため、先日UNIQLOへ行ってデニムを買ってきました。

その時に他のお客さんを見て、
「みなさん、この試着の仕方では似合わない服を買ってしまうのでは・・・!?」と感じたNG行動があったのでご紹介します。

 

試着室で驚いたこと

私が行ったUNIQLOは大型店。
試着室も15ブースぐらいありました。

そこで驚いたのは、
みなさん、「試着室から出て靴を履いて全身を見る」ということをしていない!!
試着室で靴を脱いだ状態で鏡を見ても、いまいちイメージはつかめません。
とくに、パンツやスカートなどのボトムスは、
靴の大きさ(ゴツい靴か華奢な靴か)やヒールの高さによって雰囲気や丈感がだいぶ変わります。

また、鏡の近くで自分の姿を見ると全体像がつかみづらいです。
なので、なるべく鏡から離れた位置から自分の姿を見てみましょう。


photo by harry-cunningham unsplash

 

マスク、外してますか?

2020年から続くコロナ禍で、外出する時はマスクをすることが一般的になりましたね。
でも、服を試着する時はマスクを外すことをおすすめします。
マスクって、顔の半分ぐらいを覆っていますよね。
だから、マスクをしたままだとその服が自分の顔に合っているのかがよくわかりません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

吉田直子(@selfesteem_fashion70)がシェアした投稿

今はマスクをしている時間が長いですが、
きっと数年後にはマスクを外せる時が来るはず(来てほしい)。
その時に、「あれ、この服私の顔に合ってないな」と感じてしまうのは残念ですよね。

 

合わせたい服を着て行こう

新しく服を買う時は、「今持っているこの服と合わせる!」という計画を立ててから行くのがおすすめ。
そして、可能であればその服を着て買い物に行きましょう。
そうすれば、「なんかイメージと違った・・・」という事態を回避することができます。
つまり、「似合う服」「ほんとうに使える服」を買うことができるはず!

*****
試着室でのNG行動と、似合う服&使える服を選ぶコツ、いかがでしたか?
ぜひ新しく服を買う時の参考にしてくださいね!

「似合う服」「ほんとうに使える服」を選んでほしい!という方は、
二子玉川でのお買い物同行にぜひお越しください♪

 

お問合せ

The following two tabs change content below.

吉田 直子

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. おしゃれになりたいのに垢抜けない時に試してほしいこと

  2. 夏のメイクの必須アイテム!まろ眉さんはこれ使って〜

  3. やっぱり、お買い物は実店舗で!

  4. 診断を受けたのに、おしゃれになれない原因は?

  5. ファッションセンスを磨くコツ~自分に似ている人を見つける!

  6. マスクでも老けて見えないコツを解説!