やりたいことができていない!と感じたときの対処法~手帳の活用と「時間を考える時間」

「これをやらなきゃ!」「あれも〇月〇日までにやらなきゃ!」
ママ/パパには、毎日しなくてはならないことがいっぱい。

「やらなくてはいけないこと」をこなすばかりで、「やりたいこと」がなかなかできない!
とストレスを感じてしまうことはありませんか?

もう、あっという間に2月。
今年こそは、やりたいこと、やってみましょう!

 

時間を考える時間を持つ

やりたいことができない理由のひとつは、「時間が無い!」ということではないでしょうか?
私は常々、「本を読みたいのに読む時間が無い。。。」と残念な気持ちでいました。

Kindleで本を買うまでは良いけれど、結局読まずに何カ月も放置。。。
なんていうもったいないことをしていました。

そこで私は、自分の一週間を見直してみることにしました!

 

手帳を活用する

私が「自分の一週間」を見直すために使っているのは、コクヨから出されているジブン手帳という商品。
WEEKLY PLANというところで、年末に理想の一週間を書いてみました。
年明けに、実行が不可能だったところを修正し、一週間を過ごしました。
それでも実行しきれなかったところがあったら、また修正するようにしました。
これを繰り返すことで、「理想と現実のバランスの取れた一週間」が過ごせるようになってきました。

ずっと確保したかった「読書時間」は、
休日に家族で出かけた時に子どもが車で寝た時間!ということでひとまず落ち着いています。

 

まとめ

「やりたいこと」などをとくに意識せず、気の赴くままに過ごすのも素敵だと私は思っています。
「時間を有効活用しなくちゃ!!!」とせかせかしすぎるのは性に合わないという方もいらっしゃると思います。

でももし、「あれをやれたら私幸せなのにな~、できていないな~」と感じているのなら、
ぜひ「時間を考える時間」を持つことをおすすめします。
そしてできれば、週に一度でも一カ月に一度でも、「自分の時間の使い方」を見直してみましょう。
「あ!ここでやりたいことができそう」とか、「これはこの日にやった方が効率が良いな」という発見があるかもしれません。

 

自分一人ではなかなか時間を作れない、誰かと一緒の方が考える気になれそう!
という方は、ぜひ一度ご相談くださいね♪
ライフオーガナイズの視点からアドバイスさせていただきます。

お問合せ

The following two tabs change content below.

吉田 直子

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. 夕食準備の手間を減らす3つのヒント

  2. 脳を疲弊させないコーディネートのコツ

  3. 幼児食どうしてる?とっても簡単なトマトの皮の剥き方!

  4. 梅雨時のおすすめ洗濯方法~乾燥機と除湿でだいたいOK!

  5. 時間とお金の無駄をしないためのマイルール

  6. 隙間時間はまだあった!私のマッサージタイム