人に頼ることを恐れない

先日、とある方とZOOMミーティングをしていた時のこと。
「子育ては大変だから、やっぱり夫や他の家族に頼る気持ちも大事だよね」。という話題になりました。

大人になり、社会人を経験し、そして親になると、
「人に頼らず、自分一人でなんとかしなくては!!」という意識が植え付けられてしまうのですよね。

そして、イライラ、モヤモヤ。


(photo by pexels-ketut-subiyanto)

 

頼られた時のこと

「頼る」ということを考えていたら、思い出したことがありました。
私がOL(死語?w)をしていた時のこと。
「男性って教えたがりで、わからないことを人に聞くのは苦手」という私の偏見を払拭する人物がいました。
わからないこと(業務だったりパソコンの使い方だったり)があると、すごく自然に、「これ、どうやってやるの?教えて~」と、私を頼ってくれる同僚(男性)がいました。

こういうタイプの人は、すごく好感が持てるなぁと感じたのです(ちょっと上から目線かも。ごめんなさい)。
「教えて」「助けて」と周りに言える人は、謙虚な姿勢があるのですよね。

 

どんどん、頼ろう

たとえば、毎日の家事でも、「私が全部頑張らなきゃ!」と思うのではなく、
「これ、やって~!」と家族を頼ってみたら、
「自分のことを頼りにしてくれているのだな」と思って気持ちよくやってくれるかもしれません。

そして、もし家族が大変そうにしていたら、「私にできることがあったら言ってね。頼ってね」。と声をかける。
こんな普通で当たり前のことができれば、毎日の生活は楽に、そして少し穏やかになるかもしれませんね。


(photo by food-photographer-jennifer-pallian-unsplash)

頼ることは、悪いことでも遠慮することでもありません。
頼るのが苦手な方は、ぜひ小さなことから周りの人を頼ってみてくださいね!

 

センスは磨ける!自信を持っておしゃれして、前向きに過ごそう。

 

お問合せ

The following two tabs change content below.

naokoyoshida

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. 話そう、笑おう

  2. 1日10分から!子育てママも、やりたいことをやってみよう♪

  3. 外の世界も、自分の内面が反映している

  4. ママをやめてもいいですか!?

  5. 1日5分のリセット時間

  6. 「思い込み」を外す、香りのセッション