美容院に行くのが苦手!という方へ、美容師さんからのメッセージ2

こちらの記事で、美容院に行くのが苦手!という方から美容師さんへのメッセージをご紹介しました。

今日も引き続き、「美容院に行くのが苦手!」という方に向けて、
美容師さんからのメッセージをご紹介します。

 

なぜ美容院に行くのが苦手なのか?

みなさんは、美容院に行くのはお好きですか?
今となっては美容院が大好きな私ですが、かつては美容院が苦手でした。
なぜかというと、「自分がダサいから、あんなおしゃれな場所に行くのは恥ずかしい」と思っていたから。

でも、昨日の記事にも書いたように、美容院は未来の自分を素敵にするための場所。
”今”おしゃれじゃなくても構わないのです。


(photo by unsplash allef-vinicius)

 

誰にだって、自信が持てなかったことがある

もうお一人、お話しをお聞きしたHさんは、
「程度の差はあれ、みんな、”どうせ私なんて・・・”と、外見やファッションセンスに自信を持てなかった経験があるんじゃないかな」とおっしゃっていました。
たしかに、すごくきれいな女優さんやタレントさんも、外見に悩むことがあるといいますよね。


(photo by unsplash vinicius-amnx-amano)

 

褒められたりアドバイスをもらったりしたら素直に受け取ろう

Hさんはこうもおっしゃっています。
「でも、誰にだって、ご本人が気づいていない素敵な部分や可能性があるなと感じているよ。そういう素敵なところを褒めると、お客さんはみんな、瞬時に表情が変わる!」と。

ここで、おしゃれが苦手だったり外見に自信が無かったりする方に質問。
人にファッションや外見を褒められた時、素直に受け取ることはできていますか?
もし、「いえいえ!!そんなことないです!」と謙遜しまくっているのだとしたらもったいない。
半分でも、3割でもいいので、褒めてくださった方に感謝して、
素直にうれしいことを表現してみてください。

ちなみに、外見にコンプレックスがある方向けにステップメールを書いています。
無料なのでぜひお読みくださいね↓

また、Hさんは、「こうしたらもっと良くなるよ」ということもお客様にアドバイスするよ!
とおっしゃっていました。
私も以前、「なおちゃん(←私のこと)、もっとリップをつやつやにしたら?他のメイクは素敵なのに、唇かさついてるともったいないよ~!」とHさんにアドバイスいただいた記憶がありますw
日頃から「人を見る目」が養われている美容師さんのアドバイスは実に的確。

ヘアスタイル以外にも、メイクや服のことについて美容師さんにアドバイスをいただくのも楽しいかも。

 

美容師さんがきれいにしてあげたいのはこんな人

さらに、Hさんがきれいにしてあげたいのは、ずばり「おしゃれに苦手意識がある人」なのだそう。
おしゃれに苦手意識があって「私ってダサい」と思っている方からしたら、
すごく勇気が出ますよね。

昨日の記事でMさんもおっしゃっていましたが、美容師さんは「お客様の未来を変える」ことに燃えているのです!

おしゃれに変わりたい!と思ったら、美容師さんを頼らない手はありませんね。

 

まとめ

対策3:外見やファッションを褒められたら素直に受け取る努力をしよう
対策4:美容師さんは「おしゃれに苦手意識がある人」をきれいにしたいと思っている、と心得る

いかがでしたか?
明日以降も、美容院が苦手な方が美容院に気楽に行ける方法を探っていきます。

 

お問合せ

The following two tabs change content below.

吉田 直子

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. 雨の日も元気を出す方法!

  2. オンラインショッピングのコツ~届いたら全身鏡でチェック!

  3. ファンデーション要らずの肌になりたい!

  4. 外見コンプレックスを持っている方へ~自分と向き合うこと

  5. アイシャドウを塗らないと目力が無い問題を解決

  6. オンラインショッピングのコツ~サイズが合わない!を解決しよう…