ブスな私と恋愛模様

自分の外見に小学生の頃からコンプレックスを持っていた私。
年頃になり、男性とお付き合いをするようになってから、「私はブスだ」という思いは、
さらに私を苦しめることになりました。

 

ブスな私と付き合ってくれている

過去の私は、お付き合いをしてくれる人がいると、
「こんなブスな私と付き合ってくれるなんて奇跡なのだから、この人を大事にしなくちゃ。わがままは言わないで、嫌われないようにしなくちゃ」と自分を押さえつけてきました。

それはそれは、苦しかった・・・

別に「君ってブスだよね」と言われたわけでも何でもないのので、
お相手のせいではありません。

私が勝手に、「ブスだから、ブスだから、、、」と呪文のように心の中で唱え続けていただけなんですよね。
そう、勝手に。

 

決めるのは、自分

当然のことですが、「私ってブス」という後ろ向きな気持ちを最終的に変化させるのは自分。
どこかの誰かが、自分の気持ちを変えてくれるわけはないのです。

「私は絶世の美女ではないけれど、私の外見を受け入れて楽しく過ごそう」というふうに、
気持ちを切り替えていきたいですよね。

しかし、急に気持ちを切り替えるのは難しいこともあるかもしれません。
私のように、「私はブスだ、私はブスだ、、、」と唱え続けていたとしたら、
その意識を変えるのは至難の業。

私がどのように意識を変えてきたか、明日からも少しずつ書いていきますね!

 

 

「きれいになりたい」をあきらめない!
毎日を心地よく過ごすための外見コンプレックス克服おしゃれレッスン

 

お問合せ

The following two tabs change content below.

吉田 直子

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. 心も体も、みんな、美しく生まれてきてる

  2. 外見に悩んだ時は、自分の気持ちと向き合ってみよう

  3. 心の傷を癒していこう

  4. インナーサステナビリティを考える

  5. 自分を甘やかすこと、大切にすること

  6. 美人の基準と人の魅力