自分を甘やかすこと、大切にすること

「自分をもっと大切にしよう」。
そういった言葉をよく聞きますよね。

私は、十分自分のことを大切にしているし、無理はしていないし、大丈夫!!
そう思っていたのですが、最近気づいたことがありました。

 

「甘やかす」と「大切にする」

私が「自分のことを大切にできている」と思っていた理由は、以下の通り。
・お菓子を我慢せずに食べている
・手が回らない家事は、夫に頼んでいる
・子どもを預けて仕事する時間を確保している
・十分に睡眠をとっている
などなど。

でも、ふと思ったんです。
これって、「自分を大切にしているのかな?」と。
「自分を甘やかす」と「自分を大切にする」を、私は混同しているのではないか?と。

 

自分を大切にする=自分の気持ちや意見を大切にする

そこで、私なりの「自分を大切にする」とはどんなことか、考えてみました。

先に挙げた、
・お菓子を我慢せずに食べている
・手が回らない家事は、夫に頼んでいる
・子どもを預けて仕事する時間を確保している
・十分に睡眠をとっている
も、決して悪いことではないと思います。

が、お菓子を我慢せずに食べることは、ほんとうに私の心が求めていることなのか、
と考えると、違うと思うんです。
だって本当は太りたくないし、体を大切にしたい。
よって、私にとって、お菓子を我慢せずに食べることは、
「自分を大切にしている」のではなく「自分を甘やかしている」のかも。

また、子どもを預けて仕事する時間を確保できていることは幸せなことではありますが、
単に「仕事している」だけでは、私の気持ちは消化不良。
「お客様の外見コンプレックスを克服する仕事をして、お客様が一生ものの変化をして喜んでいただける」ように努力することで、
私の気持ちが満たされ、「自分を大切にしている」といえるのだと思います。

 

まとめ

「自分を大切にする」という聞き慣れた言葉を今日は再考してみました。
その結果、私にとっての「自分を大切にする」は、自分の気持ちや意見、意欲を大切にすることだと気づくことができました。

みなさんの「自分を大切にする」のポイントはどんなことですか?
ぜひ考えてみてくださいね!

 

「きれいになりたい」をあきらめない!
毎日を心地よく過ごすための外見コンプレックス克服おしゃれレッスン

 

お問合せ

The following two tabs change content below.

吉田 直子

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. 自信が無かった私の思考~ブスはブスなりに無難な服装をしていよ…

  2. 自分の外見にコンプレックスがある人へ

  3. 内面にマッチしたファッションとは?

  4. 「美人になりたい!」と思ったら

  5. 心も体も、みんな、美しく生まれてきてる

  6. 育児にも通じる「中核」の話