簡単!ヘアスタイルと服の雰囲気を合わせるポイント

「ヘアスタイルを変えたら、今まで似合っていた服が似合わない気がする」
逆に、
「ヘアスタイルを変えたら、今まで似合わないと感じていた服がなんだか似合うようになった」
という経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

今日の記事では、「どのようなヘアスタイルにどのような服が合いやすいか」ということを書きたいと思います。

 

曲線×曲線

先日の記事にも載せた、この写真。

Aラインなので、わりと女性らしく曲線的なイメージのワンピースです。
私のヘアスタイルは、今はパーマがかかっていて曲線的なので、
このような曲線的なイメージの服が合うなあと感じます。

フレアスカートや、バルーンっぽい袖のトップスも合いそうです。

 

その逆で、ストレートヘアにはストンとしたラインの服がマッチしやすいです。

 

”違和感”だっておしゃれになる

「曲線的なヘアスタイルには曲線的な服、直線的なヘアスタイルには直線的な服にすると合いやすい」というのはあくまで一例。

「そうでなくてはいけない」というわけではないし、
「曲線的なヘアスタイルだけど直線的な服を着てみる」というのももちろんアリ!

「ちょっと違和感を覚えるようなコーデ」も、おしゃれに見える秘訣だったりします。

ただ、「おしゃれすることに気持ちのハードルがある」という方は、
基本的な方法から取り入れていくのがおすすめです!

 

何が似合うかを知ろう

「おしゃれするのが苦手」「ファッションセンスが無くて・・・」という方は、
まずは「自分に何が似合うのか」を知るのが近道。

ぜひ、パーソナルカラー診断や骨格診断、顔タイプ診断などを受けて、
「自分のファッションのベース」を作ってみましょう!

 

 

ステップメール「外見コンプレックスを克服する7つのヒント」
ご登録はこちら

「きれいになりたい」をあきらめない!自分の外見を受け入れて心地よく過ごすためのおしゃれレッスン

お問合せ

The following two tabs change content below.

吉田 直子

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. 似合う色を知るメリットとは?

  2. 垢抜けない原因はこれかも?!ヘアスタイルを考える

  3. 印象を良くするトップス選びの方法

  4. 骨格診断を受ける前にしておきたいこと

  5. ママおしゃれ!!と子どもに思ってもらう方法

  6. 診断を受けたのに、おしゃれになれない原因は?