服はたくさんあるのに着ていく服が無い原因

「服はたくさんあるのに、着ていきたい!と思う服が無い」という声をよく聞きます。
わかります。私もかつてはそうでした。
こんなにクローゼットがいっぱいなのに、着ていく服が無いなんておかしい・・・と思いつつ、
着ていく服が無いからまた服を買い足す。
そんなことを繰り返していました。

 

服の”テイスト”は決めていますか?

ところで、みなさんはどんなテイスト(ジャンル、雰囲気)の服がお好きですか?
女性らしくて上品な服、
若々しくてかわいらしい服、
都会的でかっこいい服、
リラックスできるカジュアル服・・・
いろんなテイストがありますよね。

(画像は美人百花、ViViBAILALEE それぞれ20218月号よりお借りしました)

 

いろんなテイストが好き!

おしゃれが好きな方、あるいは似合う服がよくわからない方は、
いろんなテイストの服を持っていらっしゃることが多いように感じます。

カジュアルも好き、
女性らしいのも好き、
かっこいいのも好き・・・
と、
さまざまな雰囲気の服があると、
どうしても服の量が増えがち。

これが、服はたくさんあるのに着ていく服が無い原因のひとつ。

「絶対に1つのテイストに絞ってください!」というわけではないのですが、
「服を減らしてすっきりしたいな」とお考えであれば、
2つのテイストぐらいに絞るのがおすすめです。

(photo by unaplash sarah-brown)

 

割合も考えよう

また、2つのテイストに絞ったら、
それぞれの着る割合も考えていただきたいと思います。

たとえば、
・女性らしいテイストの服(フレアスカートやワンピース)
・カジュアルな服(デニムやボーダーシャツ)
の2つに絞ったとします。

しかし、自転車に乗る機会が多くてスカートをあまりはけないのであれば、
スカートをたくさん持っていても場所を取ってもったいないですよね。

そのため、
女性らしい服(スカートやワンピース)は全体の2割ぐらい、カジュアルな服は全体の8割ぐらいにしよう、
というように考えていただきたいのです。

 

どんなテイストが似合うのか?

おしゃれが好きで、「私はいろんなテイストを着こなせる!!」という方は、
好きなテイスト上位2つを選べばいいので結構簡単。

しかし、おしゃれに苦手意識があって「どんなテイストの服が似合うかわからない」という方は、
好きなテイストを選んでくださいと言われても困ってしまいますよね。

そんな方におすすめなのが顔タイプ診断。

お顔立ちからお似合いになる服のテイストをアドバイスさせていただくことができます。

私はかつておしゃれすることが苦手でした。
ちなみに顔タイプ診断で「似合うテイスト」を知る前の私はこちら。

あんまり似合ってないですよね・・・w
体型には合っているかもしれないけど、顔と服が馴染んでいないような印象です。

最近の私はこちら。

顔タイプ診断でカジュアルのほうが似合うとわかってから、
服のほとんどはカジュアルなものにしています。

 

顔タイプ診断はどこで受けられる?

顔タイプ診断は、WEBや本で自己診断することも可能です。

しかし、長年見ている自分の顔には「思い込み」があるので要注意。
また、顔のタイプを知っただけでは、なかなかファッションに活かせないもの。

吉田直子の顔タイプ診断は、
直接お会いしなくてもメールのやり取りとzoomで顔タイプ診断をさせていただくことが可能です!
また、お似合いになるファッションについてのアドバイスシートをお付けしています!
アドバイスシートについて詳しくはこちらをご覧ください。➡https://salonrapa-j.com/?p=2312&preview=true

顔タイプ診断についてはこちら➡https://salonrapa-j.com/course/mailzoomkao/

ご興味のある方はぜひお問い合わせくださいね!

 

お問合せ

The following two tabs change content below.

吉田 直子

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. ワンピースの着回し3パターン!

  2. 衣替えの季節!クローゼットを見直そう

  3. 「クローゼットがいっぱい」とお困りの方必見!服が増える原因と…

  4. すっきりクローゼットを作るコツ~クローゼットの奥行を利用して…

  5. 「使える」クローゼットを作る5つのステップ

  6. 新しく服を買う時、気を付けるべきこと3つ