オンラインショッピングの罠!~その服、ほんとうに着る?

2020年から、コロナ禍による「ステイホーム」が求められるようになり、
服を店舗に買いに行くことが少なくなった!という方は多いのではないでしょうか。

コロナ禍とは関係なく、「もともと実店舗に服を買いに行くのが苦手」という方もいらっしゃるかもしれません。

私はというと、もともとファッションセンスにまったく自信が無かったので、
「こんなにダサい格好で服を買いに行くのは気が引ける・・・」と思っていました。
「服を買いに行く(おしゃれな、似合う)服が無い」状態だったのです。
服はたくさん持っていたのですが、「自分に似合う」かつ「着たいと思えるおしゃれな」服が無いと感じていました。

そこで、私が考える「オンラインショッピングのコツ」をいくつかご紹介してきました。


シリーズ記事

オンラインショッピングのコツ~サイズが合わない!を解決しよう
オンラインショッピングのコツ~色がよくわからない問題を解決しよう

オンラインショッピングのコツ~誰の口コミを見る?

この記事では、オンラインショッピングの罠について書きます!
シリーズ記事
オンラインショッピングの罠!~散財に気をつけよう

 

オンラインショッピングの罠 その3 合わせる服を持っていない

私は、お仕事でお客様のクローゼットを拝見することがあります。
(クローゼットが服でいっぱいで使いづらい、というお客様のクローゼットを拝見し、
服を整理したりコーディネートをご提案するお仕事です)。

たくさん服をお持ちのお客様は、オンラインショップで服を購入されることが多いように感じます。
そして、「この服あまり着ていないんです」という服について、
なぜあまり着ていないかお聞きすると、「何と合わせたらいいかわからなくて・・・」とお答えになるお客様が多くいらっしゃいます。
オンラインショップで服の画像を見て、「かわいい!!」と買ったはいいものの、
手持ちのアイテムの何と合わせたら良いかわからなかった、ということですね。


せっかく買った服なので、なるべく多く着たいですよね。

これはオンラインショップに限ったことではないですが、
新しく服を買う時は、「手持ちのアイテムの何と合わせるか?」をきちんとイメージしましょう。
できれば、手持ちのアイテムと3つぐらいのコーディネートがイメージできるものを購入したいですね!
どんな靴やバッグを合わせるかもイメージできるといいですよ。

(photo by unsplash s-o-c-i-a-l-c-u-t)

 

オンラインショッピングの罠 その4 モデルさんの着画が素敵すぎる・・・

オンラインショップに載せられている着用画像。
モデルさんが着ていらっしゃるのですごく素敵ですよね。
モデルさんのスタイルやお顔立ちもさることながら、
着用画像はその服を最高に良く見せるように撮られています。

(photo by unsplash khaled-ghareeb)

たとえばプリーツスカートなら、そのプリーツがきれいに出るようにモデルさんが動いていたり、
脚を組んだりと、ポージングも計算されています。

できれば、モデルさんが着ている画像だけでなく平置きにされている画像も参考にしましょう!

 

 

現在、5名様限定で、オンラインショッピングのモニターさんを募集しています。
✔オンラインショッピングにチャレンジしてみたい
✔オンラインショッピングで失敗が多い
✔自分に似合う服がわからない
✔実店舗に服を買いに行くのが苦手
という方はぜひご応募くださいね!
詳しくはこちら↓をクリックしてご覧ください。

 

お問合せ

The following two tabs change content below.

吉田 直子

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. 色の組み合わせ方のコツと与える印象

  2. ファッションが地味になってしまう原因と対策

  3. 好きな色と似合う色が違う時の対策

  4. 日に焼けたくない!

  5. オンラインショッピングのメリット~冷静になれる時間がある

  6. 白いスニーカーが履きたいけど汚れが気になる方におすすめ商品!…