服を大事に着る方法~洗濯ってどうしてる?

まだまだ暑い日が続いて、外に出ればたくさん汗をかく季節。
家に帰ってきたらすぐに部屋着などに着替える方が多いと思います。
突然ですが、その脱いだ服、どんな風に洗い、干し、乾かしていますか?

服がすぐに色落ちする原因

上着や羽織りは別として、Tシャツなど肌に直接触れるものは、
一度着たらなるべく洗いたいですよね。

でも、着たら翌日すぐ洗って、、、というのを繰り返していたら、
「なんだか早めに傷んでしまった・・・」
「色が褪せちゃって、ひと夏しか着られなかった・・・」
なんてことはありませんか?

調べたところによると、紫外線には染料の色素を破壊する作用があるのだそう。
そのため、紫外線に長くさらされていると、服は色落ちしてしまうのです。

干し方を工夫しよう

では、紫外線による色落ちを防ぐためにはどうしたら良いのでしょうか。
私が考え付いた方法は、
1.裏返して干す
2.乾いたらすぐに取り込む
3.部屋干しする
の3つ。

その日の天気や在宅時間などによって方法を変えると良さそうですよね。
部屋干しについては、こちら↓の記事もぜひ参考にしてください!
梅雨時のおすすめ洗濯方法~乾燥機と除湿でだいたいOK!

アパレル産業が抱える問題

ところで、アパレル産業は多くの問題を抱えていることをご存知ですか?
綿の栽培は強い農薬によって農家の人々の寿命を短くし、
縫製工場では人権を無視した長時間労働を強い、
余剰在庫の焼却によってたくさんの二酸化炭素を排出している、
と言われています。

だから、一度買った服はなるべく長く大事に着たいですよね。
ご紹介した方法で、ぜひ服を長持ちさせてくださいね!

似合う服の色や素材・形を知って、
「似合わない服を買ってしまい、すぐ捨ててしまう」といったようなことを減らすのもひとつの方法です。
こちら↓のグループ診断では、似合う服の色や素材・形を知ることができます
【グループ診断】パーソナルカラー診断&骨格診断
ご興味のある方はぜひお読みくださいね!

 

お問合せ

The following two tabs change content below.

吉田 直子

ファッションに関する診断を通して、お客様にとって”ちょうどいいおしゃれ”をご提案しています。 過去に根強い外見コンプレックスがあった経験から、コンプレックスとの向き合い方もご紹介します。

関連記事

  1. 2007年から服を廃棄していないブランド!

  2. 要らなくなった服、どうしてますか?

  3. 本が苦手でも読み切れる!SDGsに関心がある方へ『人新世の「…

  4. 似合う服を知るべき理由~私が捨てたその服は、誰が作ってくれた…

  5. 色を使って幸せ気分になろう

  6. 無駄買いを防ごう~その服、いつ着るの?